無肥料野菜について 腐る野菜 遺伝子組み換え まとめ  なぜ無肥料で野菜が出来るのか?  土と種と愛情

  無肥料野菜について

当店では野菜の入荷状況をメールにて配信しております。週に2〜3回程度の配信で、携帯メールを基本に作成しておりますが、携帯、パソコンのメールアドレスのご登録可能です。
配信ご希望の方は お名前、メールアドレスを記入し“参加”ボタンを押してください。

● au携帯の方の一部で、メール着信の遅延が発生しているみたいです。もし、遅れて着信している場合はご連絡下さい。

お名前
メールアドレス

 

■やはり自家採取の無肥料自然農法

この遺伝子組み換えの記事はNPO法人「日本有機農業研究会」理事の安田節子さんのホームページから抜粋させて頂きましたが、これを読んだときは本当に恐ろしくなってしまいました。


15年ほど前にこんな話を聞きました。

「最近の不妊症で男性に原因がある人が多くなってきた。それは精子の数が少ない無精子症。それになる原因の1つに種無しぶどう、種無しスイカの食べすぎだ。」

その言葉は、いまだに心の中に残っていて、これらの食品を見ると思い出してしまいます。

人が食べたもので体が作られていることをは周知の事実。    
化学肥料、農薬、食品添加物。

ありとあらゆる物を口に入れてきた現在、原因不明の病気や、
アレルギー、先天性の難病、生活習慣病が激増して
国家医療費も足りない状態になっています。 

実際に食料輸入大国である日本は、遺伝子組み換えされた
トウモロコシ、大豆、菜種、綿を大量に輸入し、畜産飼料として使用。

食用としても、他国以上に食べていることは間違いありません。
そしてもうすでに日本国内で雑穀、一部の野菜の遺伝子組み換え
実験栽培は行われています。


主食である米の実験も北海道でされています。
これらを自家採取種、土と太陽と人の愛情で育つ無肥料野菜が、
環境問題や健康の問題どれを考えても一番良い。


価格も当店では頑張っています。
安くて、環境、体に良く、美味しいものそれが無肥料野菜です。


ちなみに、北海道の伊藤さんの無肥料玉ねぎは
“どっちの料理ショー”で紹介されました。

←戻る