マクロビオテック  > 

5679 太白純正胡麻油(瓶)/340g【九鬼産業】

太白純正胡麻油(瓶)/340g【九鬼産業】1
 
太白純正胡麻油(瓶)/340g【九鬼産業】2 

670円(税込み)
店内在庫によりすぐに出荷

注文数:


会員登録をされているお客様のみお買い物履歴からレビューが書けます。



×

【原料名】胡麻

【内容量】340g

【取扱説明】

【JAN】4972370105424

生搾りタイプだから胡麻の旨みが活きています。

■ごまを煎らずに低温圧搾法で搾っているため、一般的な焙煎ごま油のような色や香りはありませんが、ごま本来のもつ旨みが活きたごま油です。
■ごま油でありながら無色・無臭なので、サラダ油と同じ感覚で様々なお料理にお使いいただけます。
日本人好みのクセのない味は、オリーブオイルに変えてパスタやマリネにお使いいただいてもよく合います。
【おすすめ用途】和食・洋食・製菓
炒め物や揚げ物、パスタやマリネにも。
オリーブオイルやサラダ油の代わりにお使いください。
シフォンケーキ等の製菓にご使用いただくとしっとりと素材の味を活かしたお菓子に仕上がります。

製法へのこだわり
圧搾法
創業以来120年以上、守り続けてきた「圧搾法」。
ごまへの圧力だけでごま油を搾りだす製法です。
手間と時間がかかりますが、ごま本来の持つ香りと味を引き出すため守り続けている九鬼産業の伝統です。

焙煎
最新の設備だけに頼らず長年の経験によって培われた伝統の技で、原料の特性やその日の温度、湿度を見極め、焙煎温度を微妙に調整することでごまの香りを最大限に活かしています。

ろ過
透き通るようなごま油にするために、2週間以上静置させ、きれいな上澄みだけを和紙や布を使って何度も繰り返しろ過します。
じっくりと時間と手間をかけることで、雑味のない整った味わいのごま油に仕上がります。
ごま油の香りの違い
ごま油はごまを焙煎する温度や、圧搾の方法などでその香りの強さやまろやかさ、見た目の色合いが変わります。
浅く煎ればやわらかい香りと淡い色合いに、深く煎れば力強い香りと濃い色合いに仕上がります。
低温焙煎圧搾法
低温で時間をかけてじっくりと煎ることで、味、香りともやわらかでナッツのような甘い香りをもつごま油。上品な味わいの料理に仕上がります。素材の味とごま油のやわらかな香りをお楽しみください。
香味焙煎圧搾法
程よく焙煎されたごま油の香りは、炒めものや和え物に使うことで料理の味を引き立てながら食欲そそるごま油の香りを楽しめます。
深く焙煎した香味焙煎圧搾法
特に高温で焙煎をすることで、焙煎ごま油の力強い香りとコクを引き出しています。ごま油の香りを引き立てたい、中華料理や、タレ・スープなどにおすすめです。


一覧に戻る






こんにちはゲストさん 送料600 商品計0