無肥料無農薬の
幻の米 『旭1号』

昭和初期、西日本一帯に広く普及した『旭』。
米が大粒で、市場評価はきわめて高く、『旭』米時代を築き上げたが、倒伏しやすく、籾が脱粒しやすいという欠点から、現在は幻となってしまった。

その『旭』の純系選抜の『旭1号』が無肥料無農薬でここに蘇る。

買い物カゴへ

120年前から全く掛け合わせの無い幻のお米

歴史をさかのぼると「日の出」という品種にあたる。
この「日の出」がでてきたのが1887年(明治20年)頃。
旭は、この「日の出」の中から見つけ出された品種です。
1909年(明治42年)に京都府乙訓郡向日町字物集の山本新次郎氏が「日の出」の栽培田から2穂の変型を選抜し、1911年に旭と命名しました。
「一名」、「京都旭」とも呼ばれます。
1915年(大正4年)に京都農業試験場が旭(京都旭)から『旭1号』を純系淘汰選抜し、1920年(大正9年)に奨品決定しました。


→(この方角に進んでいます)

 


良食味品種

下の図は良食味品種の系譜ですが、
美味しいお米のツールをたどると東日本の「亀の尾」西日本の「旭」に行き当る。
両品種とも明治の農家が在来種から選抜した傑作である。

 

●旭時代を築きあげた。
昭和になって急速に普及、1935年の作付面積は旭の純系分離系統を合め22万9000ha に及び、
旭(京都旭)は西日本一帯に広く普及。
昭和初期には東日本の「農林1号」と東西をニ分しました。
旭の評判は米が大粒で美味という点で、市場評価はきわめて高く、旭時代を築きあげました。
昭和30年ごろまでは、関東では小粒米が好まれたが、関西では旭の影響で大粒米が好まれ、「大粒米でなければ米ではない」、「大阪の米相場を左右していた」とまでいわれた。

 

●今では幻の『旭1号』
1960年代半ばに作付けは大幅に減退した。
その考えられる要因の中の1つに新米のできる時期があります。
現代では9月が収穫の時期の「早生」がほとんどだが、旭は「晩生」なので10月が収穫の時期になります。

また、倒伏しやすく、いもち病、白葉枯病に弱い。
籾が脱粒しやすい。という欠点があった。

戦後、食糧不足の中で栽培しやすい多収品種が普及し、近年はほとんど作付けされなくなり、「幻の米」とされていた。

幻の肥後米。熊本県の特産として復活。

昭和62年10月に奨励品種として熊本県で採用。
需要の内容はすし米、高級酒米、一般食用。
「美味しい米である」ということを認識している良質米地帯の一部の農家の間で自家米、贈答品として栽培され、細々と生き続けていたが、熊本県内の消費者から肥後米として人気の高かった「旭1号」の復活を待ち望む声が上がり、奨励品種に採用されました。 
旭1号の記事

が、台風での倒伏と中生の新品種がでてきたことにより、再び幻となってしまいました。
2度も幻となってしまうとは、相当栽培は難しいと考えられます。

 

●無肥料無農薬栽培で再々復活
旭1号の種籾を探し、たまたま自家用に栽培している方とめぐり合い、種を分けていただいた。

倒伏、病気に弱く、少し心配でしたが、
「倒れる理由に肥料を使うからだ。」
「農薬を使わないのは恐いが肥料を使わないでもできる。」
と種をいただいた方にも後押しされ、栽培に挑戦。

みごと販売できる量を作っていただいています。

●無肥料栽培とは? 
農薬はもちろん肥料も使わない栽培方法です。
基本的に種も自分で採取する自家採種で、土と種の力だけで栽培します。
故岡田茂吉氏が提唱し、日本が編み出した栽培方法です。

もっと詳しく

 

無肥料無農薬の旭1号の栽培者

●JAS法に基づく食品表示
旭1号は産地品種銘柄に登録されていないので
下記の表示となります。

名称 玄米
原料玄米 産地 品種 産年 使用割合
内容量 未検査米
国内産
10割
調整年月日 5kg
販売者 健康ストア健友館
大阪市城東区関目1-11-31
tel06-6930-4649

栽培者は熊本県の栗原さんとなります。

【原料名】 玄米(旭1号)

【内容量】 5kg

精米をご希望の方はご注文画面を進んでゆき、備考欄にご記入ください。
5分搗き〜白米まで可能です。