安全性なのに、洗浄力が世界一
の洗剤バジャン
「界面活性剤はゼロで、洗濯槽の中でメダカが泳げるほどの安全性な洗剤なのに、洗浄力が世界一の洗剤」
とんでもない話です!
この商品を始めて知ったときは驚きました。
安全安心を謳っている洗剤は正直、合成洗剤に洗浄力が負けてしまう商品が多いのは否めません。
それでは何でそんなに洗浄力があるの?

調べてみるとマイナスイオンの力で汚れを落としています。

マイナスイオンで汚れを落とす商品もたくさんありますが、
メーカー独自の開発技術により、水に溶けたと きにマイナスイオンが大量に発生し、マイナスイオンが汚れ物質と結合、汚れの表面の性質を変え、衣服から汚れを引き離すみたいなのです。

洗浄力が世界一と言うのも気になります。

合成洗剤が生まれた国・ドイツのフレセナス研究所という
調査機関で、世界の大手メーカー 3 社の合成洗剤と
洗浄力を比較検証したところ、
「バジャン」 が、総合評価で1位を記録したそうです。

どんな成分で作られているのか?

バジャンの主成分は、重曹と炭酸塩。
それ以外にはけい酸塩、硫酸塩、分散剤、酵素、酵素安定化剤。

界面活性剤を含まず、洗濯水の濃度でメダカが生きられるほど、クリーンなようです。
界面活性剤、漂白剤、蛍光漂白剤、柔軟剤、香料、エデト酸塩、りん酸塩が無添加なのでお肌の敏感な方やアトピー性皮膚炎の方・赤ちゃんの肌着洗いに最適ですね。

部屋干ししても嫌な臭いなし

バジャンの主成分である重曹は洗浄作用の他に、いやなにおいを吸い取る消臭作用も持っています。だからほとんど無臭です。洗剤が残っていないので、部屋干ししてもいやな臭いがありません。

また、カビの生えがちな洗濯槽も同時にきれいになります。

通常の標準コースでお使いいただけますが、洗い時間12分、溜めすすぎ1回(5分)が理想的です。
洗濯物が多い時や汚れがひどい時は、洗浄剤を増量するか、つけ置き洗いをすると効果的です。

気になるところ

泡があまり出ないので、濯ぎも1回でいいので、水道使用量もかなり減ります。

ただ、全てがいいという訳ではなく、難点もあります。
水には溶けにくいので、ダマダマが出来てしまいます。
気になるようならお湯で溶かしてから使う。
洗剤の粒子が細かいため、洗濯機に入れる際に吸い込んでしまうので息を止める。
日当たりの良いバルコニーで干す洗濯物はよく乾き、タオル類などは早く取り込まないとすぐにバリバリになってしまう。
金額が少々高い。


【原料名】
炭酸塩・重炭酸塩・けい酸塩・分散剤・酵素・酵素安定化剤

【内容量】
45g

【取扱説明】
※ウール、シルクなどの素材の衣服にご使用いただきますと、バジャンの弱アルカリ性の液性が素材の動物性たんぱく質と反応を起こし、変色する場合がございますのでご使用はお控えください。
※バジャンは粒子がとても細かいので、業務用を小型容器などに移し替える場合は、必ずマスク等をご利用ください。


【原料名】
炭酸塩・重炭酸塩・けい酸塩・分散剤・酵素・酵素安定化剤

【内容量】
1.2kg

【取扱説明】
※ウール、シルクなどの素材の衣服にご使用いただきますと、バジャンの弱アルカリ性の液性が素材の動物性たんぱく質と反応を起こし、変色する場合がございますのでご使用はお控えください。
※バジャンは粒子がとても細かいので、業務用を小型容器などに移し替える場合は、必ずマスク等をご利用ください。

【原料名】
炭酸塩・重炭酸塩・けい酸塩・分散剤・酵素・酵素安定化剤

【内容量】
5kg/計量スプーン入り(プラスチック素材・約30cc用)

【取扱説明】
※ウール、シルクなどの素材の衣服にご使用いただきますと、バジャンの弱アルカリ性の液性が素材の動物性たんぱく質と反応を起こし、変色する場合がございますのでご使用はお控えください。
※バジャンは粒子がとても細かいので、業務用を小型容器などに移し替える場合は、必ずマスク等をご利用ください。