イーブレスバナー

家一軒丸ごとマイナスイオン環境

半径20mの広範囲にマイナスイオンの環境が広がります。
特許で認められた静電波でマイナスイオンが発生する全く新しい発明品のe-bless(イーブレス)

▼ご注文はこちら

■全く違う視点
従来のマイナスイオン発生機や空気清浄機などは、
その装置から浄化された空気や電極でマイナスイオンが発生するのに対し
e-ブレスが発生するのは低周波(静電波)なのです。
簡単に言うと無線などの電波。

■ヒントは電子レンジ
この電波はテレビや無線、携帯電話などあらゆるものに利用されていますが、
このe-ブレスに一番近い使われ方をされているのは電子レンジです。
電子レンジは2.4GHz(ギガヘルツ)帯という高周波ですが、
e-ブレスは2.5kHz(キロヘルツ)の低周波となります。
1GHz=1000000kHzとなるので電子レンジの100万分の1の周波数です。

電子レンジはこの高周波で食品の水分に振動を与え、細胞に摩擦が起きて熱を発するのですが、
e-ブレスの低周波では摩擦は起きず熱は出ません。
では何が起こるのかと言うと空間に存在する水分に電子を与えるのです。

■水に反応
この電子とはマイナスイオンのことで、空間に存在する水、全てに反応します。
家を中心に水分があるところを考えてみると、水道管の中にある水、人体、食品、空気中の水分=空気、
植物、木、コンクリートや鉄などにも水分はあります。
考えればキリがないくらい、ありとあらゆるものです。
これら全てがマイナスイオン化されるのです。

■低周波なので壁なども通り抜ける
低周波は音で言えばドラムやベース、太鼓などの低い音。
壁を通り抜け遠くまで到達します。
e-ブレスを中心に半径20メートルもの範囲(球状の範囲)まで水分を還元化するのです。
丸ごと家一軒の環境が改善されるわけなんです。

 

低周波

 

■半径20mの広範囲まで
有効範囲は設置場所を中心に球状で半径20メートルです。

半径20m

 

設置場所や家の大きさにもよりますが、
日本にある家屋には十分、網羅できる有効範囲です。

 

平面図入り半径20m




■実験
下の表はメーカーが行った実験結果ですが、e-ブレスから約10m離れた冷蔵庫内に水道水を
入れたペットボトルを用意し、
酸化還元電位を測定すると600mvあった電位が-14mvまで下がったそうなんです。
正に壁を通り抜けて遠くまで水分をマイナスイオン化
している証拠ですね。

尚、ORP値はプラスの電位が大きいほど、酸化能力が高く、マイナスの電位が大きいほど還元能力(電子または水素を供給する能力)が高い状態。

実験

 

下記の表は特許である『還元性を与える波動の放射方法とその装置』で提出された資料。

テストを実施したのは一般的な高層・集合住宅(鉄骨コンクリート5階建)の3階の
一般家庭内で、e-ブレスの設置場所は、壁面の家具類の上。
検体である「水」の位置は、同室内の複数個所で直線上に家具・什器等が存在し、障害物となっているので、両者を直視することはできない状況。
水(150ml)は一般の水道水を用い、ガラスコップとペットボトルの二種。

水道水

これを見るとe-ブレスにより近い方が還元能力が高いが、
障害物を通り越して還元されているのが分かる。
また、通電を中止した後はORP値の劣化は徐々に進行しているが
数日過ぎても元の721mVには戻っていない。

また、比較対象を行うため、e-ブレスの影響を受けない場所(20m以上離れた他の部屋)での
水道水のORP値の変化も測定したが、1日では、殆ど有意な変化が認められず、
10日前後放置しても300mV程度まで低下しただけであった。

▼ご注文はこちら

■シックハウスの原因となる化学物質VOC対策にも効果
2003年に建築基準法が改正され、室内化学物質の放散に対する規制が始まりましたが、
その規制以前の建材を使用した公営住宅リフォーム工事において、e-ブレスを応用した事例を紹介します。
住宅のリフォーム工事後に、e-ブレスを置くだけで、ホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなど合計6種類の揮発性化学物質について、低VOC建築材料が発する化学物質濃度よりもさらに低い数値にまで低下させることができました。
【測定方法】 乾燥期間約9日後の10日目に測定。
e-ブレスは、10日乾燥後15日稼動、16日目測定。
サンプリング方法:パッシブ法、分析方法:HPLC法、GC-MS法
シックハウスのデーター

■電波規制の範囲に入らない
e-ブレスが放射する2.5kHzの静電波は、電波法において電波の下限と規定されている
3kHzよりもさらに低く、電波を利用する機器に対してノイズ源となる可能性はありません。

電波を放出しながら、電波として利用しないe-bless
e-ブレスは、波長が125kmの極超長波と呼ばれる電波を放射します。
しかし一般的に「電波」は、その波長の1/6よりも短い範囲では、電波としての性質が現れません。
つまり、波長の数倍以上の距離がないと電波として有効・有用とはなりえないのです。 ところが、e-ブレスの場合は、125kmの波長に対して、放射体からの有効範囲は、わずか10m程度のため、従来の電波の利用法とは発想を異にするものです。

 

■電磁波障害などの人体への弊害は認められない
e-ブレスは、12ボルト以下の低電圧、消費電力2ワット以下の小電力であり、
また放射する電波は2.5kHz以下の低周波であるため、電磁波が人体に与える影響とされる、
共鳴や吸収による熱効果は発生しません。
また磁気エネルギーがゼロに近く危険性はありません
(磁波が発生していないことは、付属の電磁波測定器で容易に検証することができます)。

■消費電力はごくわずか
e-ブレスが消費する電力量は、わずか2ワット/時。
1日24時間稼働させっぱなしでも、1日あたりの電気代は1.2円程度です。
一般的なマイナスイオン発生器とはまったく異なるメカニズムで働くe-ブレスは、それらよりもはるかに低いエネルギー消費で、より大きな効果を得ることができる空間改善装置です。

■メンテナンス・フリー
e-ブレスには可動部分がないため摩耗する部位がなく、またホコリなどの影響もほとんど受けません。
定期的なメンテナンスの必要性がなく、故障の可能性も極めてゼロに近く末長くご利用いただける装置です。

 

■特許を取得しています。
【公開番号】特開2004-89905(P2004-89905A)
【公開日】平成16年3月25日(2004.3.25)
【発明の名称】還元性を与える波動の放射方法とその装置

こちらから国が認めた特許内容をご確認ただけます。『還元性を与える波動の放射方法とその装置

▼ご注文はこちら